• HOME
  • 失敗しない弁護士選び

失敗しない弁護士選び

_MG_6342.jpg   もし私が自分の弁護士を選べるとしたら、人柄の良い人が良いな。と思います。但し、弁護士としてのスキルと経験値が高い事が大前提です。では交通事故の場合、どのような点をチェックしたらよいか考えてみました。

①裁判の経験が豊富であること

弁護士は常に、裁判になったらどうなるかを考えて、相談に乗ったり、示談交渉をします。賠償問題の最終的な判断権者は裁判所だからです。

 

したがって、裁判の経験が豊富であることが最も重要です。
 

②保険商品・保険法の知識があること

交通事故では、殆どのケースで、加害者が加入している保険から賠償金が支払われます。したがって、自動車保険の仕組み、できれば保険法や保険業法についても知識を持ち、あるいは勉強する姿勢を持っていることが重要です。

③裁判を躊躇しないこと

効率とスピードが要求される今の時代、早い・(弁護士費用が)安い・結果も満足!であれば、間違いなく示談が良いでしょう。しかし、示談は合意が前提で、相手が合意したい金額は、殆どの場合、被害者の要求とかけ離れます。よって、示談には限界があります。

 

また、被害者が裁判を強く希望することもあります。したがって、裁判を躊躇しない事も大事です。

④医療知識があること

できれば傷病や予後等に関する知識を持ち、病院や医師の考えが分かる事も重要です。最近は、医学博士の肩書きを持った弁護士さんも増えていますが、私の経験では、医学博士の肩書きは簡単に貰えるので、当てになりません(私は肩書きを使うつもりはないので辞退しました)。

⑤経験豊富な弁護士仲間とのネットワークを持っていること

例えば、1つの事故で複数の方が被害者になるケースや、争点が多く、難しい法律問題があるケースの場合は、依頼者の了解を得て、当該ケースに相応しい弁護士に入って貰い、一緒に代理人を務める必要が出てきます。

 

したがって、経験豊富な弁護士仲間とのネットワークを持っていることが望ましいです。
 

⑥周辺分野の専門家とのネットワークを持っていること

弁護士は本来、事故後の賠償問題を解決するに過ぎません。ですが、できれば病院や医師に知り合いがいる等、ある程度のネットワークがあった方が良いと思います。それに加え、傷つけられた被害者やご家族の精神的なサポートや、仕事の心配に対するサポートが出来る事も、ワンストップの安心が生まれるという意味で、望ましいと思います。

実は、以上の視点は大体、当事務所(弁護士)に当てはまります。結局、手前味噌になってしまいましたが、これが当事務所が交通事故の専門サイトを立ち上げた理由です。

 

>>>当事務所の外部専門家との交通事故サポートネットワークはこちら

 

お気軽にお問合せ下さいませ

ImgTop5.jpg

●ホーム
●弁護士紹介
●事務所紹介
●アクセス
●弁護士費用

東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階 TEL:03-5456-5216 (平日9時30分~18時)
初めての方でも安心してご相談いただける渋谷の交通事故被害に強い法律事務所です。 

© 2012 渋谷シエル法律事務所 All Rights Reserved.