あなたの状況に最適な対応について診断します。 

_MG_660700010001.jpg

交通事故被害にあってから、治療、症状固定、示談交渉など、問題解決に向けた流れがありますが、被害者の方の状況によって対応方法は異なります。


ここでは、今、あなたが何をするのが最適なのかを診断し、適正な賠償金を獲得するために必要な対応方法についてご紹介させて頂きます。あなたの状況を以下から選択し、該当部分をクリックして下さい。

1.交通事故被害に遭遇してから間もない状況である。  

交通事故被害に遭遇してから間もない方はこちらをご覧ください。

 

2.医師から「症状固定」について話をされるようになった。   

医師から「症状固定」について話をされた方はこちらをご覧ください。

 

3.後遺障害の等級認定が出た。保険会社から賠償金の提示があった。

後遺障害の等級認定が出た方、保険会社からの賠償金の提示があった方はこちらをご覧ください。

 


_MG_6372.jpg

あなたに今必要なことは、交通事故問題を適切に解決するための戦略を構築し、且つ適切な治療を受けることです。


交通事故では、後遺障害(後遺症)に関する問題や、保険会社との示談交渉における問題など、交通事故の専門家でなければ適切に対応することが難しい問題が多数あります。


事故に遭って間もない方の多くが、「これからどうなってしまうのだろう。不安だ。」と仰るのは、そのためです。

何の見立ても無く個々の問題に対処すると、思いがけない時期に、保険会社から治療費の支払を打ち切られたり、本来受け取れるはずの賠償金を受け取る事ができないこともあります。

 

そこで、交通事故に遭って間もない方、治療のために通院を始めたばかりの方は、まずは交通事故問題の専門家である弁護士に相談し、適正な賠償金獲得に向けた戦略を構築することをお勧めします。それが不安を解消することにも繋がります。
 

_MG_6504.jpg

「症状固定」とは、交通事故によって負った怪我が、これ以上治療を続けても回復をしない状況をいいます。

 

 

この段階で症状が残っている以上、後遺障害(後遺症)の申請を考えるべきです。そこで、そのための準備を始めることになりますが、その際、主治医の先生に、後遺障害診断書の作成を依頼しなければなりません。

しかし、この後遺障害診断書の書き方1つで、たとえ後遺障害に該当する症状が残っていたとしても、後遺障害として認められないケースもあるのです。さらに後遺障害の認定は受けられたが本来認定されるべき等級より低い認定しか受けられなかったというケースもあります。

 

後遺障害として認められるかどうかで、損害賠償金の金額は大幅に異なります。また認定される等級によっても賠償金は大幅に異なります。

 

そのため、後遺障害診断書の作成にあったっては、細心の注意を払って診断書を作成して戴かなければなりません。

 

当事務所では、この後遺障害診断書の作成における重要なポイントについて、外部の後遺障害に関する専門家とも連携し、サポートさせて頂いております。診断書の作成に際しては、まずは後遺障害に詳しい専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。

 

 

お気軽にお問合せ下さいませ

ImgTop5.jpg
●ホーム ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用
 
トップへ