手の後遺障害について

_MG_6504.jpg

交通事故によって手に外傷を負い、後遺障害となってしまう場合もあります。手の後遺障害は、例えば手指の欠損、手指の機能障害などがあげられます。手指の欠損は、親指では第一関節のIPよりも先の部分、それ以外の他の指では、第二関節のPIPよりも先を失ったものになります。

 

手指の後遺障害の認定基準は以下のとおりになります。

 

手指の後遺障害の認定基準について

①手指の欠損障害

 

等級 認定基準
1級3号 両上肢をひじ関節以上で失ったもの
2級3号 両上肢を手関節以上で失ったもの
4級4号 1上肢をひじ関節以上で失ったもの
54 1上肢を手関節以上で失ったもの

 

②手指の機能障害

等級 認定基準
35 両手の手指の全部を失ったもの
67 1手の5の手指又は母指を含み4の手指を失ったもの
76 1手の母指を含み3の手指又は母指以外の4の手指を失ったもの
83 1手の母指を含み2の手指又は母指以外の3の手指を失ったもの
98 1手の母指又は母指以外の2の手指を失ったもの
116 1手の示指、中指又は環指を失ったもの
12級の82 1手の小指を失ったもの
135 1手の母指の指骨の一部を失ったもの
146 1手の母指以外の手指の指骨の一部を失ったもの

 

 

③手指の変形障害

等級 認定基準
46号  両手の手指の全部の用を廃したもの
77 1手の5の手指又は母指を含み4の手指の用を廃したもの
84 1手の母指を含み3の手指又は母指以外の4の手指の用を廃したもの
99 1手の母指を含み2の手指又は母指以外の3の手指の用を廃したもの
106 1手の母指又は母指以外の2の手指の用を廃したもの
129 1手の示指、中指又は環指の用を廃したもの
134 1手の小指の用を廃したもの
147 1手の母指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの

 

手の後遺障害について注意しなければならない点の1つには可動域の測定があります。上肢の後遺障害同様に、手の後遺障害についても、可動域の測定を行った事がない医師や作業療法士もおり、よって、可動域測定にノウハウを持った専門家のサポートが必要です。

 

当事務所では、手指に後遺障害を負われた方に対し、適正な後遺障害の等級認定を得られるように認定のサポートを行っております。手指に後遺障害を負われてしまい、お悩みになられていることがございましたら、お気軽にご相談下さい。

お気軽にお問合せ下さいませ

ImgTop5.jpg
●ホーム ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用
 
トップへ