過失相殺とは?

例えば、黄信号の横断歩道を歩行者が渡っていて、赤信号で直進してきた自動車と衝突し、交通事故が発生した場合、歩行者の過失割合は10%になります(交通事故損害額算定基準・20訂版による)。


過失相殺についても保険会社は過去の裁判例を元に作成された基本基準を利用して、被害者側の過失を主張してきますが、具体的な事案における事情は、様々なので、一概に割り切れるものではなく、必ずしも保険会社の主張は正しいわけではありません。

 

当事務所では、被害者の立場で、正しい過失割合を計算し、正しい損害賠償を受け取ることができるようにしております。

 

交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

●交通事故問題でお悩みの方へ
●交通事故問題解決の流れ
●賠償金額決定の3基準 ●損害賠償金の計算方法
●後遺障害とは? ●むちうち
●高次脳機能障害とは? ●解決実績

 

お気軽にお問合せ下さいませ

ImgTop5.jpg
●ホーム ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用
 
トップへ