過失割合の争いを生じたら-実況見分調書? 事故証明書?

交通事故では、車の損害(物損)も生じるのが通常で、まず修理代の負担を巡って、過失割合の争いが生じるケースが少なくありません。

 

そして、事故の状況に関する言い分が、双方で食い違う場合には、目撃者でもいない限り、水掛け論に終わってしまいます。

 

事故状況に関する言い分が双方で食い違う場合、最終的には裁判で決着を付けるしかありませんが、裁判では、実況見分調書や警察の捜査結果に基づいて、過失割合の認定が行われるのが通常です。

 

そこで、私の場合は、示談をするにあたっても、まずは実況見分調書を取り寄せる事にしています。その際、事故証明書があると、手続きがスムーズです。

交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

●交通事故問題でお悩みの方へ
●交通事故問題解決の流れ
●賠償金額決定の3基準 ●損害賠償金の計算方法
●後遺障害とは? ●むちうち
●高次脳機能障害とは? ●解決実績

 

お気軽にお問合せ下さいませ

ImgTop5.jpg
●ホーム ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用
 
トップへ