【解決事例】自家用車で走行中、赤信号による停止寸前に複数回追突され、長期の通院治療後に後遺障害14級の認定を受け、示談した主婦の事例

被害者

40代女性(専業主婦)

事故態様

自家用車で走行中、赤信号による停止寸前に複数回追突された。

治療の経過

事故後から、首~肩~腰の痛みや、手足の痺れ、頭痛、めまい等、多彩な症状が出現し、整形外科と整骨院への通院を継続したが、改善がみられず、その後も息切れ等、多彩な症状が続いたため、医療的にセカンドオピニオンを求める等し、最終的に事故後10ヶ月後に症状固定した。

傷病名

頸椎捻挫、腰椎捻挫(外傷性腰椎・頸椎ヘルニアの疑い)、心身症等

交渉経過

通院治療中に弁護士相談→その後、後遺障害申請のサポート・示談交渉を弁護士依頼。後遺障害14級の認定を受け、その後、相手保険会社との間で、既払い金の他300万円弱の支払を受ける内容で示談成立となった。

 

本件の特徴

事故によるショックが強かったせいか、被害者の方は、精神的に相当なストレスを抱え、単なる頸椎・腰椎捻挫を超えた多彩な症状を呈していました。

心身症の診断まで下されていたので、事故による後遺症と認められるか心配でしたが、無事、後遺障害の認定が受けられました。

 

被害者の方は職業を持たない専業主婦ですが、専業主婦でも、家事労働ができなくなった事による休業損害を請求できる上、後遺障害が認定されれば、更に逸失利益の請求もできます。

 

本件では、後遺症の認定が得られたことで、示談金も、被害者の方にとって納得がいくものになりました。

解決実績の最新記事

トップへ