【解決事例】駐車上内の追突事故された30代男性で、保険会社の提示の2倍以上金額で示談を成立させた事例

被害者

30代男性(運転者)。

事故態様

駐車上内の追突事故。傷病名は、頸椎捻挫、腰椎捻挫。

 

後遺障害

なし。

結果

保険会社の提示額47万円→受任後100万円で示談成立。

 

コメント

事案の特徴は、事故直後の物損示談の際、保険会社との交渉が難航し、そのまま保険会社との連絡が途絶え、結果、被害者の承諾がないままに治療費が打ち切られてしまった事。

被害者は治療費打ち切り後も自己負担で通院を継続し、結果、通院期間は10ヶ月に及んだ。

医証を検討した結果、症状の程度に比し、通院期間が長期化していると判断した。受任後は、治療の長期化および過失相殺事情につき、被害者にも理解を促し、時間をかけて相手保険会社と話し合いを継続し、結果、金額においては被害者にとっても満足のいく解決に至った。

新着情報の最新記事

駐車上内の追突事故された30代男性で、保険会社の提示の2倍以上金額で示談を成立させた事例の最新記事

トップへ