【解決実例】バイク事故で頚椎捻挫の障害を負った被害者が自主退職に追い込まれ、裁判で工学の賠償金が認められた事例

被害者

30代男性

 

事故状況

仕事帰りにバイク走行中、前車が落とした荷物に乗り上げ転倒。
傷病名は頚椎捻挫。

 

後遺障害

後遺障害14級

 

裁判結果

保険会社の提示額93万円 → 480万円で裁判上の和解成立

 

経過

事故後、近くのクリニックに毎日のように牽引等の治療のために通院したが、頸部~肩の痛みが軽減せず、復職できないまま自主退職を余儀なくされた。

後遺障害14級の認定を受け、保険会社から示談金の提示があった。

 

交渉経過

被害者は、保険会社の提示が余りにも低額だとして、弁護士依頼。

交渉決裂後、提訴。被害者の尋問終了後に和解勧告。

480万円で裁判上の和解が成立

 

コメント

提訴した結果、保険会社の提示額の実に5倍以上の支払いを得られた。
本件では、事故と退職の因果関係、過失相殺等、法的な争点が多かったため、早期に示談交渉を打ち切り提訴した。ただ、相手弁護士が執拗な立証を求める等したため、裁判が長期化し、和解成立までに一年かかった。

バイク事故で頚椎捻挫の障害を負った被害者が自主退職に追い込まれ、裁判で高額の賠償金が認められた事例の最新記事

新着情報の最新記事

トップへ