【解決事例】バイク走行中横転し、全身打撲、頸部症候群、TFCC損傷等の傷害を負い、後遺障害等級12級を前提に示談が成立した事例

バイク走行中横転し、頸部症候群TFCC損傷等の傷害を負い、後遺障害12級を前提に示談が成立した事例

被害者 40代男性
後遺障害等級 後遺障害12級
経過 事故直後から弁護士相談。
      ↓
事故後、通院を継続し、約1年後に症状固定。
      ↓
その後,加害者側にも弁護士が付いて示談交渉を開始。
      ↓
TFCC損傷について後遺障害等級12級を前提に、治療費等の既払い金を除き、約1800万円の支払いを受けることで示談成立。

 

バイク走行中横転し、全身打撲、頸部症候群、TFCC損傷等の傷害を負い、後遺障害等級12級を前提に示談が成立した事例の最新記事

新着情報の最新記事

トップへ