【解決事例】後遺障害の認定結果に納得せず、異議申立をしてて併合7級の認定を得ることができた事例

事例

バイクと自動車との衝突事故。被害者は左腕神経叢損傷の傷害を負い、5年後に症状固定。その後、被害者請求により後遺障害の申請を行い、8級の認定を得た。しかし認定結果に問題があったため、さらに異議申立をして、結果、併合7級の認定を得た事例。

 

被害者

30代男性

 

経過

事故後、治療を続け、5年後に症状固定

後遺障害申請前に弁護士相談

被害者請求により、後遺障害の申請を行い、後遺障害等級8級の認定を得た(その時点で自賠責保険から8級の保険金819万円が入金された)。

しかし、変形障害(鎖骨)の後遺障害に関する判断がなかったため、8級の認定結果に対して異議申立を行った。

異議申立の結果、変形障害につき新たに後遺障害12級と認定され、等級が併合7級に繰り上げられた。

その結果、8級の保険金額との差額である224万円が追加入金された。

 

後遺障害の認定結果に納得せず、異議申立をして併合7級の認定を得ることができた事例の最新記事

新着情報の最新記事

トップへ