No Q&A
1  「被害者請求」という言葉を良く聞きますが、これは何ですか?
2  後遺障害の申請も被害者が直接出来るのですか?
3  加害者の保険会社から、「後遺障害の申請はこちらでさせて頂きます。」と言われているのですが、断って、被害者請求の方法で申請することも出来るのでしょうか?
4  後遺症の申請を被害者請求の方法で行うメリットとデメリットを教えて下さい。
5  認定結果に対しては異議申立が出来ると言われたので、異議申立をしたいのですが、異議申立も被害者請求の方法で出来るのでしょうか?
6  被害者請求による後遺障害の申請は、どこに行うのですか?
7  加害者が加入する自賠責保険会社はどのようにして調べれば良いのですか?
8  交通事故証明書はどのように取り付けるのですか?
9  申請先の自賠責保険会社は、交通事故証明書のどこを見れば分かるのですか?
10  提出書類が分かりません。教えて下さい。
11  後遺障害申請に必要な書類はどのようなものですか?

 

 

当事務所での被害者請求・異議申立の取扱実績の一部をご紹介します

No 解決事例
1  歩行中、自動車に衝突され、外傷性くも膜下出血、右側頭骨骨折等の傷害を負い、事故後5年後に示談が成立した事例
2  横断歩道を歩行中トラックに轢かれ下肢痛等が残った被害者について、被害者請求によって後遺障害11級が認定された事例
3  交差点内で信号待ち中、側面衝突され、頸椎捻挫等の傷害を負った被害者が、後遺障害非該当とされたが、異議申立の結果、14級の認定を受け、示談が成立した事例
4  後遺障害の認定結果に納得せず、異議申立をして併合7級の認定を得ることができた事例
5  自転車とタクシーとの出会い頭衝突事故で後遺障害14級の認定を受け、示談が成立した事例
6  バイクと自動車との衝突事故。 被害者はバイクの転倒により右腕神経叢損傷の傷害を負い、5年後に症状固定し、 後遺障害の認定を受けたが、その後、弁護士依頼により、 後遺障害等級が変更され、 変更後の7級の後遺障害を前提に事故から6年後に示談が成立した事例

Q&A

1)症状固定とは何ですか?

症状固定とは、交通事故で負った怪我の治療を続けても、今後大幅な改善が見込めなくなった状態を症状固定といいます。後遺障害の認定は症状固定後になりますので、症状固定になるまで賠償額は確定しません。


2)後継人とはどういうことですか?

精 神的な障害があることで、自分の行為の結果について、合理的な判断をすることができない人を被後継人といいます。交通事故の被害者として損害賠償請求をす る場合には、後継人が法定代理人として、法律行為を行うことができるようになります。一方で、被後継人が勝手にやった法律行為の中で困るものがある場合も ありますので、取り消すことも可能です。


3)保険金請求に時効があるって本当ですか?

保 険金請求権には時効があります。自賠責保険、任意保険ともに時効は3年になります。(ただし、自賠責保険は平成22年3月31日以前の事故については2 年。任意保険は平成22年3月31日以前の契約については2年になります。)時効を過ぎてからの保険金請求は無効になりますので、時効には注意を致しま しょう。

4)むちうち症で等級が上がるが認められる場合があるって本当ですか?

むちうち症は、外傷が見えない病状になりますので、適切な後遺障害の等級認定がされない場合もあります。その際、異議申し立てをすることで等級認定が認められることがございます。現在の等級認定に不満をお持ちの方は、ぜひ当事務所までお気軽にお問合せ下さい。


5)重大な過失とはどういうもののことですか?

自賠責保険で過失相殺が適用されるのは、被害者に重大な過失がある場合のみです。その際の査定上、重過失と認定される事故は例えば以下のようなものがあります。
・信号を無視して横断した場合
・泥酔して道路上で寝ていた場合
・道路標識などで明確に横断禁止が表示されている場所で横断した場合
・信号無視をして交差点に進入し衝突した場合
・被害車が中央線を越えて衝突した場合など



主婦の休業損害についてはこちらから

No ご質問事項
1  専業主婦でも休業損害を支払って貰えると聞きましたが、本当ですか?
2  金額は、一日あたり9800円程度と聞いたことがありますが、それは本当ですか? 通院一日あたり5700円と言う人もいますが、どちらが正しいのでしょうか?
3  私は専業主婦ですが、相手の保険会社(任意保険会社)からは休業損害の支払はありません。どうすれば良いでしょうか?
4  私の母も一緒に事故に遭いましたが、母は私達家族と別居しており、数年前に父が他界したため、今は独り暮らしです。母は主婦としての休業損害を支払って貰えるでしょうか?

物損に関するQ&Aコンテンツはこちらもご覧ください

No 質問事項
1  修理費の見積書を加害者側(保険会社)に送ったら、高すぎると言われた。そもそも修理費が適正かどうかは、どのような基準で判断されるのか?
2  事故車の修理見積もりを取ったが、実際には修理せずに修理代の支払いを受けて、新しい車の購入費用に充てたいと思っている。修理しないで修理代だけ支払って貰うことは出来るか?
3  修理しても直らないので車を買い替えたい。車両の買い替えを認めて貰えるのはどのような場合か?
4  新車に買い替えた場合、実際に新車の購入に掛かった費用を全額払って貰えるか?
5  新車を購入して10日後に事故に遭った。格落ち損害は請求できるか?請求できる場合、支払って貰える金額はどの程度か?
6  事故によって車両の一部を損傷し、塗装が剥げてしまった。色むらが生じるので車両全体を塗装し直したいと思うが、全塗装代を支払って貰えるか?
7  事故車両は修理が必要なため、現在、レンタカーを借りて、レンタカー代(代車代)を加害者側(保険会社)に支払って貰っている。しかし、いつまでも払えませんよ。と言われている。レンタカー代は、大体どの位の期間、払って貰えるものか?
8  事故で車両が使えなくなったのでタクシーを利用したいと思っている。タクシー代を支払って貰うことは出来るか?
9  事故後、怪我の治療を受けているが、加害者側(保険会社)から、車両損害(物損)だけ先に示談して欲しいと言われた。先に示談しなければならないか?それは普通のことか?


交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

●交通事故問題でお悩みの方へ
●交通事故問題解決の流れ
●賠償金額決定の3基準 ●損害賠償金の計算方法
●後遺障害とは? ●むちうち
●高次脳機能障害とは? ●解決実績

お気軽にお問合せ下さいませ

ImgTop5.jpg

●ホーム
●弁護士紹介
●事務所紹介
●アクセス
●弁護士費用

東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階 TEL:03-5456-5216 (平日9時30分~18時)
初めての方でも安心してご相談いただける渋谷の交通事故被害に強い法律事務所です。 

© 2012 渋谷シエル法律事務所 All Rights Reserved.