交通事故で最も多いのは、頸部(首)の受傷

_MG_6504.jpg

交通事故の場合、受傷部位の中で、50%近くを占めるのが頸部(首)です。

 

この数字は、頸部に次ぐ、上肢や頭顔部(いずれも15%)を圧倒しています。

 

頸部の損傷は、事故時の追突、衝突、急停車等によって、頸部の急激な過伸展、過屈曲運動が起こったことによって(つまり首が振られたことによって)生じるといわれます。


一方、頸部は、他の部位に比較して、後遺障害が発生する率や死亡率は低いといわれます。

頸部受傷の場合、後遺障害が発生する率は、約3%との報告があります。

 

交通事故に遭い、首が痛みを感じられている場合は、後遺障害が発生する可能性があります。まずは交通事故に詳しい弁護士にご相談されることをお勧め致します。

むちうちについてもっとお知りになりたい方はこちら

最も多い相談は、むち打ち症!
弁護士への依頼が増える理由
交通事故で最も多いのは、頸部(首)の受傷 腰痛や肩の痛み
むち打ちは軽症?すぐ治るのが当たり前か? 賠償問題が難しくなる理由
賠償問題の実際 12級と14級の違い
12級と14級-14級でも1000万円の請求が可能 頸椎捻挫(むち打ち症)の裁判

 

交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

●交通事故問題でお悩みの方へ
●交通事故問題解決の流れ
●賠償金額決定の3基準 ●損害賠償金の計算方法
●後遺障害とは? ●むちうち
●高次脳機能障害とは? ●解決実績

 

お気軽にお問合せ下さいませ

ImgTop5.jpg
●ホーム ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用
 
トップへ