• 12級と14級の違い>
  • 12級と14級-14級でも1000万円の請求が可能>

    12級と14級-14級でも1000万円の請求が可能

    以上みてきたように、12級と認定されるか14級と認定されるかで、労働能力喪失率や慰謝料の金額が大幅に違ってきます。

     

    したがって、一般的には、12級の認定を受けた場合の方が、賠償額も格段にアップするわけですが、14級の認定に止まる 場合でも、ケースによっては、1000万円の賠償請求が可能です。

     

    例えば、解決例⑭のケース(歩行中の衝突事故)では、14級を前提としながらも、1000万円での示談による解決ができました。因みに、相手保険会社の提示額は350万円でした。

     

    このケースでは、被害者は金融機関に勤める40代の男性で、高収入でした。つまり、労働能力喪失率は5%に過ぎなくとも、事故前収入が高く、就労可能年数がそれなりに長ければ、逸失利益も高額になるわけです。


    しかも、このケースは、慰謝料増額事由があったため、傷害慰謝料や後遺障害慰謝料も、通常基準より増額して貰うことが可能でした。

    むちうちについてもっとお知りになりたい方はこちら

    最も多い相談は、むち打ち症!
    弁護士への依頼が増える理由
    交通事故で最も多いのは、頸部(首)の受傷 腰痛や肩の痛み
    むち打ちは軽症?すぐ治るのが当たり前か? 賠償問題が難しくなる理由
    賠償問題の実際 12級と14級の違い
    12級と14級-14級でも1000万円の請求が可能 頸椎捻挫(むち打ち症)の裁判

     

    交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

    ●交通事故問題でお悩みの方へ
    ●交通事故問題解決の流れ
    ●賠償金額決定の3基準 ●損害賠償金の計算方法
    ●後遺障害とは? ●むちうち
    ●高次脳機能障害とは? ●解決実績

     

    お気軽にお問合せ下さいませ

    ImgTop5.jpg
    ●ホーム ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用
     
    トップへ