【解決事例】仕事のため乗用車で移動中の追突事故。頸椎・腰椎捻挫により半年通院後に示談で解決した事例

被害者

20代男性(個人事業主)

 

事故態様

仕事道具を乗せた自家用車を運転し、赤信号で停止していたところ後続車に追突された。

 

事故後の経過

物損被害(車両後部の損傷)については、被害者自身が相手保険会社と修理代の交渉をし早期に解決。その後、鞭打ち症状のため仕事をキャンセルせざるを得なくなった事による休業損害を請求したが、相手保険会社から支払拒否されたため弁護士依頼。

 

通院中も、軽症だったせいか相手保険会社から早期に治療打ち切りの打診があったが、主治医のフォローもあり結局、半年間通院を継続し、その後、既払い金の他、約120万円の賠償金支払を受ける事で示談が成立した(賠償金の内訳は休業損害、通院交通費及び慰謝料等)。

 

本件の特徴

被害者の方は、家電クリーニングの依頼をネット上で得て仕事をしていた個人事業主でした。

 

サービス業らしく物腰の柔らかい好青年でしたが、事故以前に所得税の確定申告はしていたものの申告書控えの一部が紛失して無かったり、所得を過小申告していた時期もあり、休業損害の立証に御苦労されました。

 

そのため支払が得られた休業損害は実際とは乖離していましたが、怪我の程度に比べ賠償金総額が高額だったこともあり、紛糾することなく、早期に示談が成立しました。

解決実績の最新記事

トップへ