【解決事例】歩行中の衝突事故後、後遺障害非該当だった被害者が、異議申立により、後遺障害14級の認定を受け、示談が成立した事例

事故状況

横断歩道を歩行中、右折車に衝撃され、転倒し、臀部および頭部を地面に強打した。事故時の傷病名は、頭部外傷、頸椎捻挫、左肘・仙骨打撲傷。

 

後遺障害

後遺障害14級

 

交渉結果

保険会社の提示額 既払い金を除き64万円 → 受任後290万円で示談成立。

 

経過

頸部痛や手の痺れ等の左状により、近所のクリニックに半年通院し、症状固定。後遺障害を申請するも結果は非該当。保険会社から示談金の提示あり。

後遺障害の認定結果を不服として、弁護士相談。

自賠責保険に異議申立

異議申立が認められ後遺障害14級の認定を受ける。

 

コメント

被害者は頸部の可動域が極端に制限され、手の痺れも明らかで、他の事例と比較しても後遺障害が認定されるべき事案であった。主治医面談もし、セカンドオピユオンも求めた。結果、後遺障害の認定を受けられた。

死亡事案

 

①自転車と貨物車両との衝突による死亡事故で、過失割合が問題となった事例


botan.png

 

②79歳女性の死亡事故で、加害者の過失、逸失利益及び過失相殺割合が問題となった事例


botan.png

 


③自転車と自動車の衝突事故で、自転車に乗車中の主婦が死亡した事案

botan.png

 

後遺障害 2級 

 

①PTSD(外傷性ストレス障害)罹患の有無が最大の争点となり、2級3号の後遺障害が認められた事例


botan.png

 

後遺障害 3級 

 

①高次脳機能障害の後遺障害が残った被害者について、自賠責保険では5級2号の認定であったが、裁判で3級が認められた事例

botan.png

 

後遺障害 5級

①事故と外傷性頚髄損傷のとの因果関係の有無・程度が問題となった事例

 

botan.png


②事故と(左)腕神経叢損傷との因果関係、後遺障害等級(自賠責保険の認定は14級)が問題となった裁判で、後遺障害5級が認められた事例

 

botan.png

後遺障害 6級

①バイク走行中の衝突事故-後遺障害6級の事例

 

botan.png


②バイク走行中、自動車と出会い頭衝突し,転倒。脳挫傷等の重篤な傷害を負った事例

 

botan.png

後遺障害 7級 

バイクと自動車との衝突事故。被害者はバイクの転倒により右腕神経叢損傷の傷害を負い、5年後に症状固定し、後遺障害の認定を受けたが、その後、弁護士依頼により、後遺障害等級が変更され、変更後の7級の後遺障害を前提に事故から6年後に示談が成立した事例

 

botan.png

後遺障害 8級

①反射性交感神経萎縮症、PTSD、低髄液圧症候群等の症状を訴える被害者について、後遺障害等級が問題となった事例(自賠責保険の認定は併合8級)。

botan.png

 


②加害者の過失の有無、被害者の症状(バレリュー症候群)との因果関係が問題となった事例


botan.png


③歩行中、自動車に衝突され、外傷性くも膜下出血、右側頭骨骨折等の傷害を負い、事故後5年後に示談が成立した事例


botan.png

 

後遺障害 11級

横断歩道を歩行中トラックに轢かれ下肢通等が残った被害者について、被害者請求によって後遺障害11級が認定された事例

 


botan.png


②自転車で走行中、自動車と出会い頭衝突し、転倒。腰椎圧迫骨折の傷害を負い、約1年後に症状固定。11級の後遺障害等級が認定され、その後示談が成立した事例

botan.png

 

後遺障害 12級

①バイク同士の衝突事故で、過失割合と後遺障害逸失利益が問題となった事例


botan.png

 

②事故後に変形性脊椎症による脊柱の運動障害の症状が発症した事例(和解で終了)


botan.png

 


③歩行中の衝突事故-後遺障害12級の事例

botan.png

 


後遺障害等級14級を不服として提訴し、上位等級である12級を前提に裁判上の和解が成立した事例


botan.png

 

⑤自転車走行中の衝突事故によって、顔面に醜状障害が残った女性の示談例

botan.png

⑥バイク走行中横転し、全身打撲、頸部症候群、TFCC損傷等の傷害を負い、後遺障害等級12級を前提に示談が成立した事例

botan.png


⑦バイク走行中、前方交差点を右折中の自家用車と衝突、転倒。左寛骨臼骨折の傷害を負い、その後股関節の可動域制限に対し後遺障害等級12級が認定され、加害者の保険会社から示談金の提示を受けたが、弁護士依頼により、約1000万円増額した金額で早期に示談が成立した事例

botan.png

後遺障害 14級

①カウザルギー等の多彩な症状を訴え通院が長期化した事例

 

botan.png

 

 

②歩行中の衝突事故により、左靭帯損傷などの傷害を負った金融マンの示談例

botan.png

 

子供の飛び出し事故(示談例)

botan.png

 

保険会社からゼロ提示を受けた被害者に330万円が支払われた事例

botan.png

 

バイク事故で頚椎捻挫の傷害を負った被害者が自主退職に追い込まれ、裁判で高額の賠償金が認められた事例

botan.png

 

⑥歩行中の衝突事故後、後遺障害非該当だった被害者が、異議申立により、後遺障害14級の認定を受け、示談が成立した事例

botan.png


⑦通院中に治療費が打ち切られるも後遺障害14級の認定を受け示談が成立した事例

botan.png


自動車の助手席に同乗中、後続車両に衝突され、後遺障害14級が認定された高齢者の示談例

botan.png

 

⑥交差点内で信号待ち中、側面衝突され、頸椎捻挫等の傷害を負った被害者が、後遺障害非該当とされたが、異議申立の結果、14級の認定を受け、示談が成立した事例

botan.png

 

後遺障害 非該当

①自転車と歩行者との衝突事故-後遺障害非該当の事例

botan.png

 

掲載解決事例一覧

No 事件の内容
1 PTSD(外傷性ストレス障害)罹患の有無が最大の争点となり、2級3号の後遺障害が認められた事例
2 高次脳機能障害の後遺障害が残った被害者について、自賠責保険では5級2号の認定であったが、裁判で3級が認められた事例
3 自転車と貨物車両との衝突による死亡事故で、過失割合が問題となった事例
4 同一方向へ連ねて走行していた先行のバイクに、後行のバイクが追突した事故で、過失割合が問題となった事例
5 79歳女性の死亡事故で、加害者の過失、逸失利益及び過失相殺割合が問題となった事例
6 カウザルギー等の多彩な症状を訴え通院が長期化した事例
7
事故と外傷性頚髄損傷のとの因果関係の有無・程度が問題となった事例
8 加害者の過失の有無、被害者の症状(バレリュー症候群)との因果関係が問題となった事例
9 反射性交感神経萎縮症、PTSD、低髄液圧症候群等の症状を訴える被害者について、後遺障害等級が問題となった事例(自賠責保険の認定は併合8級)
10 事故後に変形性脊椎症による脊柱の運動障害の症状が発症した事例(和解で終了)
11 バイク走行中の衝突事故-後遺障害6級の事例
12 歩行中の衝突事故により、左靭帯損傷などの傷害を負った金融マンの示談例
13 歩行中の衝突事故-後遺障害12級の事例
14 自転車と歩行者との衝突事故-後遺障害非該当の事例
15 停車中の追突事故-後遺障害非該当事例
16 駐車上内の追突事故された30代男性で、保険会社の提示の2倍以上金額で示談を成立させた事例
17 トラックに追突された、外車(ベンツ)のを損傷させられたAさんの物損示談の事例
18 事故と(左)腕神経叢損傷との因果関係、後遺障害等級(自賠責保険の認定は14級)が問題となった裁判で、後遺障害5級が認められた事例
19 後遺障害等級14級を不服として提訴し、上位等級である12級を前提に裁判上の和解が成立した事例
20 自転車走行中の衝突事故によって、顔面に醜状障害が残った女性の示談例
21 子供の飛び出し事故(示談例)
22 保険会社からゼロ提示を受けた被害者に330万円が支払われた事例
23 バイク事故で頚椎捻挫の傷害を負った被害者が自主退職に追い込まれ、裁判で高額の賠償金が認められた事例
24 歩行中の衝突事故後、後遺障害非該当だった被害者が、異議申立により、後遺障害14級の認定を受け、示談が成立した事例
25 通院中に治療費が打ち切られるも後遺障害14級の認定を受け示談が成立した事例
26
自転車と自動車の衝突事故で、自転車に乗車中の主婦が死亡した事案
27 バイク走行中、自動車と出会い頭衝突し,転倒。脳挫傷等の重篤な傷害を負った事例
28 歩行中、自動車に衝突され、外傷性くも膜下出血、右側頭骨骨折等の傷害を負い、事故後5年後に示談が成立した事例
29 横断歩道を歩行中トラックに轢かれ下肢通等が残った被害者について、被害者請求によって後遺障害11級が認定された事例
30 バイク走行中横転し、全身打撲、頸部症候群、TFCC損傷等の傷害を負い、後遺障害等級12級を前提に示談が成立した事例
31 自動車の助手席に同乗中、後続車両に衝突され、後遺障害14級が認定された高齢者の示談例
32 交差点内で信号待ち中、側面衝突され、頸椎捻挫等の傷害を負った被害者が、後遺障害非該当とされたが、異議申立の結果、14級の認定を受け、示談が成立した事例
33 後遺障害の申請結果に納得せず、異議申立をしてて併合7級の認定を得ることができた事例
34 信号無視の自動車に衝突され骨盤骨折等の傷害を負い、後遺障害等級12級の認定を受け示談が成立した事例
35 自転車とタクシーとの出会い頭衝突事故で後遺障害14級の認定を受け、示談が成立した事例
36 バイクと自動車との衝突事故。被害者はバイクの転倒により右腕神経叢損傷の傷害を負い、5年後に症状固定し、後遺障害の認定を受けたが、その後、弁護士依頼により、後遺障害等級が変更され、変更後の7級の後遺障害を前提に事故から6年後に示談が成立した事例
37 自転車で走行中、自動車と出会い頭衝突し、転倒。腰椎圧迫骨折の傷害を負い、約1年後に症状固定。11級の後遺障害等級が認定され、その後示談が成立した事例
38 バイク走行中、前方交差点を右折中の自家用車と衝突、転倒。左寛骨臼骨折の傷害を負い、その後股関節の可動域制限に対し後遺障害等級12級が認定され、加害者の保険会社から示談金の提示を受けたが、弁護士依頼により、約1000万円増額した金額で早期に示談が成立した事例

 

交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

●交通事故問題でお悩みの方へ
●交通事故問題解決の流れ
●賠償金額決定の3基準 ●損害賠償金の計算方法
●後遺障害とは? ●むちうち
●高次脳機能障害とは? ●解決実績

 

お気軽にお問合せ下さいませ

ImgTop5.jpg
●ホーム ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用
 
トップへ