自転車と自動車の衝突事故で、自転車に乗車中の主婦が死亡した事案

被害者

40代女性

 

事故状況及び争点

覚醒剤使用の疑いにより警察官に職務質問された運転者が警察官を振り切って自動車を発進し走行中、自転車に乗車していた被害者に衝突。自動車は、所有者が知らないうちに運転者に貸与されていた中で事故が発生したため、主に自動車所有者に責任を問えるかが争点となった他、所有者が責任を負う場合の損害賠償額も争点となった。

 

経過

自動車損害賠償保障法上の「運行供用者」該当性が争点であったため、示談交渉が難航し、裁判提起。高裁で確定。賠償額は遺族合計で約3600万円。

 

自転車と自動車の衝突事故で、自転車に乗車中の主婦が死亡した事案の最新記事

自転車事故の最新記事

トップへ