【弁護士コラム】私の趣味② -ベンツ・その①

_MG_6342.jpg

そんな私の唯一の趣味といえるものは、車の運転でした。

 

その車の運転も、今年の初めに17年乗り続けた愛車のベンツを手放してから、なくなりました。従って、もはや過去の趣味ではありますが、愛車について語りたいと思います。

 


こういうとブル弁気取りも好い加減にしろ。と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、私がベンツを選んだのは、合理的な理由があってのことです。つまり、ベ ンツならば10年は軽く続けられると考えたからです。日本車だと直ぐに型が古くなって、2年に一度下取りに出して新しい車に替えないと恥ずかしくて乗って いられませんが(少なくとも当時はそうでした)、外車だったら、そんな心配はありません。


また、それまでは日産セドリックなど、いわゆる少し高級な叔父さん車(?)に何台か続けて乗っていたのですが、いつも新車のときに汚物を上に載せられたり、 コインで車体を傷つけられたり、良く被害に遭っていました。でも、外車、それもベンツだったら、普通の人は怖がって悪さを仕掛けて来ないのではないか?と 踏んだのです。

 

そして結果として、私の判断は間違っていませんでした。実際は10年どころか17年乗り続けましたし、その間、被害にも一度も遭わずに済みました。その上、道路を走行していると、高速道路でも一般道路でも、なぜか前の車が車線をあけて、先に行かせてくれようとします。加速してくると思うからでしょう(こ ちらはサラサラそんな気は無いのですが)。


このように、購入費用は少し高いとしても、17年一度も取り替えることなく一つの車に乗り続けられた事で、トータルでは経済的な負担は少なくて済みましたし、嫌がらせも受けることがなく、気分良く運転を楽しむことが出来たのでした。

所長弁護士の小林が執筆したコラムです。ぜひご覧下さい。

No
タイトル
1
 私の趣味①
2
 私の趣味② ‐ベンツ
3
 その② 真っ赤なベンツ
4
 その③ 下取りはゼロ
5
 その④ 車の色で感じたヨーロッパ文化
6
 その⑤ 事故が怖い!
7
 その⑥ ベンツの底力
8
 その⑦ 買取価格
9  被害者ノート
10  ホームページをリニューアルしました
11  外科医の妻と言われて
12  依頼者の気持ち
13  女性の依頼者
14  好かれる依頼者
15  事故現場
16  依頼者からのプレゼント

 

私の武勇伝シリーズ

No
タイトル
1  私の武勇伝 -その① 保険会社に乗り込む
2  その② 「こちらから伺います!」
3  その③ 「大会社なのだから。」

お気軽にお問合せ下さいませ

ImgTop5.jpg
●ホーム ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用
 
トップへ