【解決事例】バイク同士の衝突事故で、過失割合と後遺障害逸失利益が問題となった事例

○被害者

高校生男子。

衝突した両バイクは、両バイクとも横転し、両者ともに受傷した。

 

○事故の状況

同一方向へ連ねて走行中、先行のバイクが、歩道側の車両通行帯へ進路変更をした際,後方のバイクと衝突し、両バイクとも横転し、後行バイクの運転者は、左膝打撲挫創,頭部・胸部及び骨盤打撲等の傷害を負い(後遺障害等級は12級)、先行バイクの運転者も、顔面打撲,背部及び腰部打撲擦過傷等の傷害を負った。

 

○裁判までの経過

自賠責保険金として約300万円の支払を受けた後、示談交渉を行ったが、過失割合の対立が大きかったため、合意できず、後行バイク側が提訴(後に先行バイク運転者が反訴を提訴)。

 

○裁判所の判断

過失割合を後行バイク4割、先行バイク6割としました。

既払金約300万円を控除後の損害賠償金として、310万円余りの支払が認められました。

 

○コメント

本件では、警察において事故原因の調査が詳細に行われており、道路に残ったタイヤ痕や車両の傷を照合する等した結果、事故原因は先行車両にあるとの見解が示されていました。裁判では、この調査結果が記載された刑事記録を証拠として、有利に進めることができました。

 

バイク同士の衝突事故で、過失割合と後遺障害逸失利益が問題となった事例の最新記事

新着情報の最新記事

トップへ