【解決事例】停車中の衝突事故後、通院中に治療費が打ち切られるも後遺障害14級の認定を受け示談が成立した事例

事故状況

信号待ちで停止中、前方から自動車に衝突され、腰背部挫傷、外傷性頸都症候群の傷害を負った。

 

後遺障害

後遺障害14級

 

交渉結果

保険会社の提示額 既払い金を除き170万円 → 受任後290万円で示談成立。

 

経過

自覚症状が強く、腰や首の疼痛のため神経ブロック注射の治療を受け、長期通院していたところ保険会社から治療費を打ち切られ、その後は健康保険により自費で治療費を負担し、 1年後に症状固定。

主治医が後遺障害診断書を作成してくれないとして、弁護士相談。

脊髄の専門医も受診したいとの被害者の希望があったため、病院同行する等し、対応。

その後、主治医が後遺障害診断書の作成を応諾。

後遺障害申請をした結果、 14級の認定を受ける。

 

コメント

被害者が主治医と相手保険会社に対し強い不信感を持っていた。結果的に主治医に適切な後遺障害診断書を作成して貰えたことが大きかった。

 

停車中の衝突事故後、通院中に治療費が打ち切られるも後遺障害14級の認定を受け示談が成立した事例の最新記事

新着情報の最新記事

トップへ