【解決事例】自転車とタクシーの夜間交差点における衝突事故。物損示談後、足関節捻挫等の怪我の損害についても約5ヶ月後に示談で解決した事例

被害者

20代男性(個人事業主)

事故態様

夜間、自転車で信号のない交差点を直進中、交差点を右折しようとしたタクシーに衝突し、転倒。足関節捻挫等の傷害を負った。

傷病名

左足関節捻挫、腰部挫傷。

事故後の経過

被害者はまず、自転車の損害(損害)をタクシー会社に請求したが、反応鈍く、難航。3度目の相談で弁護士依頼となった。

 

物損交渉においては、被害者にも前照灯無灯火の過失があったため、過失割合が争点となったが、自転車15、タクシー85の割合で合意し、早期に物損示談が成立。

 

その後、治療を受けながら、仕事ができなくなったことによる損害(休業損害)を相手保険会社に請求し、個人事業主であったため難航したものの、人身損害についても、事故から5ヶ月弱経過後に、既払い金の他50万円余りの支払を受けることで示談成立となった。

 

本件の特徴

被害者の方は当初、自らタクシー会社と物損の交渉をしましたが、思うような対応をして貰えず、相当なストレスを抱えていました。

 

弁護士依頼後は、物損について先行示談しましたが、個人事業主のため休業損害の支払を得るためには事故前年の確定申告書等が必要で、人身損害の交渉は難航しました。

 

最後まで休業損害の立証がネックとなり、定額支払のみでしたが、軽症ゆえに裁判を起こしても賠償金が伸びる見込みはなく、示談による解決は賢明だったと思います。

解決実績の最新記事

トップへ