• HOME
  • 後遺障害とは?

後遺障害とは?

後遺障害(後遺症)とは、交通事故の後、適切な治療を受けたにもかかわらず症状が完治せず、将来においても回復の見込めない状態となり、今後の労働能力の喪失を伴うものです。
_MG_6342.jpg

しかし適切な等級認定を受けなければ、残存した後遺障害に相応しい適切な補償が受けられません。後遺障害の等級認定については、後遺障害の認定に疑問がある場合は、弁護士に相談されることをお勧めいたします。
 

後遺障害の等級認定

後遺障害の等級は1級~14級まであり、後遺障害として残った状態に適した等級の認定を受けなければなりません。この等級認定は1つ違うだけでも賠償額が大幅に異なるため、注意して認定を受けることが大切です。詳細は下記表をご覧下さい。


等級認定に当たっては、まず医師に後遺障害診断書を作成してもらい、それを調査事務所に提出し、後遺障害の認定を受けます。後遺障害の認定では、申請者から提出された後遺障害申請書と医師から提供される画像(レントゲン写真、MRIなど)を元に、被害者を直接診断せずに書面審査を行います。

 

後遺障害等級表と労働能力喪失率

toukyuninteihyou.PNG

交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

●交通事故問題でお悩みの方へ
●交通事故問題解決の流れ
●賠償金額決定の3基準 ●損害賠償金の計算方法
●後遺障害とは? ●むちうち
●高次脳機能障害とは? ●解決実績

お気軽にお問合せ下さいませ

ImgTop5.jpg

●ホーム
●弁護士紹介
●事務所紹介
●アクセス
●弁護士費用

渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階 TEL:03-5456-5216 (平日9時30分~18時)
初めての方でも安心してご相談いただける渋谷の法律事務所です。 

© 2012 渋谷シエル法律事務所 All Rights Reserved.