• HOME
  • 物損の損害賠償

物損の損害賠償

「交通事故で車を壊してしまった・・・。」
「お店の壁にぶつけてしまい、壁に穴が開いてしまった・・・。」

このように、交通事故で怪我をしなくとも、自動車や道路、建物などが壊れたという場合でも、物損事故として保険金を請求することができる場合があります。物損事故の保険金請求に関して注意しなければならないことは、自賠法が適用されず、任意保険のみが対象になるということです。


物損事故の損害賠償は、大きく3つの場合に分けて考えることができます。

 

ケース

内容

車が全損の場合

自動車の修理が技術的に難しい場合、全損として事故直前の車の時価が賠償額になります。

買い替えまでの代車料も請求することが可能です。

車の修理が可能な場合

自動車の修理が可能な場合は、修理代金が損害賠償の対象になります。

その他

建物の修理費、物品の修理・交換費、休業補償などの合計が賠償額になります。

電柱や塀の破損の場合には、新品の価格を弁償しなければなりません。

また、保険会社はなかなか認めようとしませんが、事故によって評価損が発生しますが、この評価損も賠償金額の対象になります。賠償金額に含まれていない場合には、保険会社としっかりと交渉をしましょう。

交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

●交通事故問題でお悩みの方へ
●交通事故問題解決の流れ
●賠償金額決定の3基準 ●損害賠償金の計算方法
●後遺障害とは? ●むちうち
●高次脳機能障害とは? ●解決実績

お気軽にお問合せ下さいませ

ImgTop5.jpg

●ホーム
●弁護士紹介
●事務所紹介
●アクセス
●弁護士費用

東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階 TEL:03-5456-5216 (平日9時30分~18時)
初めての方でも安心してご相談いただける渋谷の交通事故被害に強い法律事務所です。 

© 2012 渋谷シエル法律事務所 All Rights Reserved.